草木萌動(そうもくめばえいずる)

<ホタルイカの釜揚げ>

2月29日から七十二侯は、「草木萌動(そうもくめばえいずる)」で、二十四節気の「雨水」の末侯にあたる。柔らかな春の陽射しを受け、潤った土や木々から萌葱色の新芽が芽吹く頃という意味。

3月1日から富山湾ではホタルイカ漁の解禁となる。ホタルイカは、昼は深い海底に潜み、深夜から明け方にかけて浅いところへと移動して産卵する。その習性をとらえて行われるのが、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」である。ホタルイカが放つ独特の青白い光は幻想的で、まさに富山湾の神秘である。ほのかな甘みのお造りは絶品で、地酒とよく合う。熱々のホタルイカの釜揚は、オレンジ色の内臓もたっぷりと味わえて、これがまた地酒によくあう。

黒部川では、3月1日から渓流釣りの解禁となる。山女魚や岩魚を狙って早春の渓流に挑む。

蓋向・色絵金彩福禄寿

<地魚と春野菜の炊合>

雅の膳の温物は、地魚と春野菜の炊き合わせです。今が旬なのが、甘鯛とおろし蕪と若竹の焚き合わせです。 甘鯛の旨みに、蕪の甘味、加えて若竹の爽やかな香りと上質な出汁は、すべての食材を引き立たせてくれます。

季節の器は、蓋向・色絵金彩福禄寿です。 華やかな器で、早春の味をお楽しみください。

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

<雪を纏った白馬連山>

2月24日から七十二侯は、「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」で、二十四節気「雨水」の次侯にあたる。靆(たなびく)とは、霞や雲が薄く層をなして、横引きに漂うこと。雨水や雪融け水によって湿った大地に、日が差すことによって水蒸気が起こり、霞が棚引く頃という意味。春霞で野山がぼんやりとかすんで見える頃である。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、春の女神の衣に見立てられる。霞とは春に出る霧の事で、霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。朧月夜に詠われる夜の霧は、朧(おぼろ)として使い分けられる。

春霞は、偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、万葉集にも詠われ、これから多く見られる現象である。雪を纏った黒部の山々が、霧や靄で美しく豊かな景色を見せてくれる頃でもある。

向付・色絵椿絵

<春を告げる魚:眼張(メバル)の煮付け>

二十四節気の雨水を迎えると、春告げ魚である眼張(メバル)がおいしくなります。富山県内では、目が大きくて鉢のようなので、鉢目(ハチメ)と呼んでいますが、正式名称はウスメバル。県内では他にヤナギバチメ、アオヤギなどと呼んでいます。脂肪が少なく淡白な、くせのない白身なので煮付けが美味しい。

季節の器は、向付・色絵椿絵です。

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

<朝の陽ざしを浴びながら泳ぐ水鳥達>

2月19日から二十四節気は「雨水」に入る。空から降る冷たい雪が雨に変わり、野山の雪がゆっくりと融け始める。この頃の雨は「この芽起こし」といって、植物の芽吹きを助ける大切な雨となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。

七十二侯は、「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

夜半から雪がちらつき、強風も伴って一時、吹雪となるが春の風なので長続きはしない。黒部川では春の気配を感じた水鳥たちが、朝の陽射しを浴びながら活発に動いている。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

魚上氷(うおこおりをいずる)

<黒部川にそそぐ琴音の滝>

2月14日から七十二侯は、「魚上氷(うおこおりをいずる)」で、二十四節気「立春」の末侯にあたる。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

宇奈月温泉は、時たま夜半に雪が降り、稜線は薄っすらと雪化粧。今年は暖冬で雪がすぐに消える。黒部川は凍らずに渓流となって流れている。

延楽の対岸に、形の良い滝釜を備えた「琴音の滝」がある。中川一政画伯お気に入りの小さな滝である。その滝窯から清流が流れている。その清流が流れ落ちる岩陰に、孵化したヤマメの稚魚が潜み、春めく時を待っている。

黄鶯睍睆(うぐいすなく)

<安田靫彦「春到」>

2月9日から七十二侯は、「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。
睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。

今年は暖冬で、雪不足の便りが各地のスキー場から届く。本日は大陸からの寒気団が南下し、冬に逆戻りとなった。数日寒い日が続くようだが長続きはしない。露天風呂からは、雪の花を咲かせた山の稜線が幻想的に見える。まさに至福のひと時である。

ギャラリーに展示してある安田靫彦の「春到」は、画伯の庭の白梅を描いた作品であると聞いている 。富山気象台から、梅の開花宣言が出されるのはもうすぐである。

黒部峡谷冬景色

宇奈月温泉は、5日午後から久々の雪で、黒部峡谷の雪景色が美しく映えるようになりました。雪がしんしんと降り積もり、黒部の山々は白いベールに包まれます。黒部川の水は透明度を増し、ゆっくりと流れていきます。

新雪の雪見風呂が堪能できる時期です。