菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)

<画像:早春の黒部平野>

3月16日から七十二侯は、「菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)」で二十四節気は啓蟄の末侯にあたる。厳しい冬を越したサナギが蝶に羽化する頃という意味。

「菜虫」とはアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称。特に紋白蝶の幼虫の青虫をさす。菜の花が畑一面に咲き乱れ、羽化した紋白蝶が飛び始める頃となる。ところが宇奈月温泉では、夜半の雪で山々が雪化粧する日が続く。黒部川下流の黒部平野では雪がほとんど消え春めいて、雲雀のさえずりが確認できた。

桃始笑(もも はじめてさく)

<花桃の小径>

3月11日から七十二侯は「桃始笑(もも はじめてさく)」で二十四節気の「啓蟄」の次侯にあたる。桃の蕾はふくらみ花が咲き始める頃という意味。

黒部川の水力にいち早く目をつけたのは福沢桃介である。そして明治40年(1907年)日清紡績株式会社を起こす。翌年に東京下亀戸に第一工場を建て、続いて黒部川の水力電気を利用して黒部川下流域の入善町に第二工場を建てようという目論見をもって、明治42年(1909年)に黒部川に訪れている。その後実地調査も行われ、明治43年5月に工場誘致に関する合意の調印式が東京事務所で行われたが、経営をめぐって他の役員と対立し役員を辞任する。それをもとに入善工場の計画も消えた。後に大阪送電、大同電力の社長となって木曽川水系の電源開発を始める。桃介は、1922年に木曽川に建設した須原発電所に、ドイツから持ち帰った桃の木を植樹する。その桃の木は1本の木に3色の花を咲かせる3色桃である。現在、黒部川水系、木曽川水系は関西電力が開発管理している。

2年前の「黒部川開発100年」の記念植樹に三色桃を宇奈月温泉の八太蔵発電所跡に、100本植樹した。開花予測は、4月末である。ちなみに日清紡績のマークは桃である。

蟄虫啓戸(すごもりのむし とをひらく)

<桃形向付・仁清色絵桃絵>

3月6日から二十四節気は「啓蟄」となる。土の中で冬ごもりしていた生き物たちが、穴を啓いて地上へと這い出してくる頃という意味。七十二侯は「蟄虫啓戸(すごもりのむし とをひらく)」で二十四節気「啓蟄」の初侯にあたる。

「啓」は開くで「蟄」は虫の冬ごもりのことである。冬眠していた生き物が春の日差しを求めて土から出てくる頃と言う意味である。「啓蟄」と「蟄虫啓戸」は同じ意味である。3月3日は桃の節句で古来中国では3月最初の巳の日に行われていたので、「上巳の節句」と呼ばれている。縁起のいい奇数が重なる「五節句」の一つである。料理の中に節句の彩が取り入れてあるので目でも楽しめる。

草木萌動(そうもく、めばえいずる)

<ホタルイカの釜揚げ>

3月1日から七十二侯は「草木萌動(そうもく、めばえいずる)」で二十四節気の「雨水」の末侯にあたる。柔らかな春の陽射しを受け、潤った土や木々から萌葱色の新芽が芽吹く頃という意味。

3月1日から富山湾ではホタルイカ漁の解禁となる。ホタルイカは、昼は深い海底に潜み、深夜から明け方にかけて浅いところへと移動して産卵する。その習性をとらえて行われるのが、富山湾の春の風物詩「ホタルイカ漁」である。ホタルイカが放つ独特の青白い光は幻想的で、まさに富山湾の神秘である。ほのかな甘みのお造りは絶品で、地酒とよく合う。熱々のホタルイカの釜揚は、オレンジ色の内臓もたっぷりと味わえて、これがまた地酒によくあう。

霞始靆(かすみ はじめてたなびく)

<メバルの煮付け(器:向付、色絵椿絵)>

2月24日から七十二侯は「霞始靆(かすみ はじめてたなびく)」で二十四節気「雨水」の次侯にあたる。春霞が立ちこめて野山がぼんやりとかすんで見える頃と言う意味。

霞は気象用語で靄(もや)のことで、春の女神の衣に見立てられる。霧はそれぞれ情景により朝霧、夕霧、薄霧、八重霧などと美しく表現される。朧月夜に詠われる夜の霧は「朧(おぼろ)」として使い分けられる。春霞は偏西風に乗って大陸から飛来する黄砂によるもので、これから多く見られる現象である。雪を纏った黒部の山々が春霞で美しく豊かな表情を見せてくれる。

富山湾ではハチメがよく獲れるようになる。ハチメはウスメバルの事で、甘辛く炊くと絶品で地酒も大いに進む。

土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)

<芽吹きが始まる木々>

2月19日から二十四節気は「雨水」。空から降る冷たい雪が雨に変わり、宇奈月温泉街に積もった雪や氷が溶けて水となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。今年は早くて、すでに立春の日に記録する。七十二侯は「土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃と言う意味で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

黒部川の河原の木々は、早春の陽射しを受けて芽吹きが始まる。それを目当てに野生の猿がやってくる。宇奈月温泉スキー場近辺の山でも猿の群れをよく見かけるようになる。雪の下の柔らかな山菜の芽を求めて集まるのだ。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

魚上氷(うお こおりをいずる)

<春の兆しの黒部川>

2月14日から七十二侯は「魚上氷(うお こおりをいずる)」で二十四節気「立春」の末侯にあたる。春の兆しを感じて魚が動き始め、割れた氷の間から飛び出す頃という意味。

宇奈月温泉は、連日夜半に雪が降り、明け方には白銀の世界となる。気温は例年並みに低くいが、黒部川は凍らずに渓流となって流れている。孵化した稚魚は浅瀬の岩陰に潜み、春めく時を待っている。

黄鶯睍睆(うぐいす なく)

<富山湾の毛蟹>

2月9日から七十二侯は「黄鶯睍睆(うぐいす なく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。

睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。今年は立春に春一番が吹いて春めいてきたが、昨日から大陸からの寒気団が南下し、冬に逆戻り。しばらくは寒い日が続くようだ。冷え込みが厳しくなると脂がのった寒ブリの水揚げが多くなる。

蟹も一段と旨くなり、本ズワイガニの他に紅ズワイ蟹、毛蟹も味わえる。特に毛蟹のボイルは独特の甘みがある。とにかく冬の富山湾の魚は身がしまり格別の旨味がある。のどぐろ、アラ、赤いか等の刺身は延楽特製の煎り酒にワサビを少々合わせて頂く。地酒がすすみそうだ。

東風解氷(はるかぜ こおりをとく)

<立春大吉・七寸皿>

2月4日から二十節気は「立春」に入る。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日で、1年の始まりの節気である。旧暦の元旦は立春に近い新月の日で、正月を新春、初春と呼ぶのはこの名残である。

立春は、二十四節気の始まりで、あらゆる節日の基準日となる。おわら風の盆に謡われる二百十日は立春から数えると9月1日になる。八十八夜も同様で暦に記して農作業の目安とした。七十二侯の始まりは、「東風解氷(はるかぜ こおりをとく)」で二十四節気「立春」の初侯。東風は春風のことで、東から温かい風が吹き、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味。日足が伸びこの頃から木々も次第に芽吹き始め、春の兆しが少しずつ現れ始める。

禅寺では早朝に立春大吉と書いた厄除けの紙札を貼る。今年も前菜に立春大吉の七寸皿を使う。「鬼は外、福は内のごとく」鬼の顔は皿の外側に描かれ、福は内側に描かれている。こういう遊び心に福来たる。今日は富山県内で春一番を記録する。

鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)

<全線開通時の雪の大谷>

1月30日から七十二侯は「鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)」で二十四節季「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

大寒は冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期である。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増している。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしている。

昨日から富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の営業開始に向けた除雪が始まった。作業は国内最大級のロータリー車や重機等21台を使って行う。これから2月3月も大雪の恐れがある。今後の積雪にも影響されるが、全線開通は昨年度と同じ4月15日としている。美女平から弥陀ヶ原の部分開通は4月10日の予定。室堂付近の大谷を通る道路の除雪によってできる高さ20mの壁「雪の大谷」は圧巻である。