蚯蚓出(みみずいずる)

<宇奈月温泉周辺の新緑を作り出すカエデ属>

5月10日から七十二侯は、「蚯蚓出(みみずいずる)」で二十四節気「立夏」の次侯となります。夏に向うにつれ、土の中から蚯蚓(ミミズ)が這い出してくる頃と言う意味です。

今まで冷気を含んでいた朝の風は、立夏ともなると爽やかな風になり、宇奈月は今まさに新緑の季節本番。春の陽射しは少しずつ力を増し、萌葱色の草木も日一日と緑が濃くなる。雪を纏った黒部の山々と里山の新緑が最も美しい頃となります。

蛙始鳴(かわずはじめてなく)

<新緑の黒部峡谷>

5月5日から二十四節気は「立夏」に入り、暦の上では夏となります。早朝の宇奈月温泉街に吹く川風は少し冷たさを含んでいます。雪を纏った山々と麓の新緑が最も美しい季節となりました。これから柔らかな春の陽射しが少しずつ力強くなり、夏へと向います。

七十二侯は「蛙始鳴(かわずはじめなく)」で、二十四節気「立夏」の初侯にあたります。田圃でカエルが鳴き始める頃という意味。雪解け水が流れる黒部川の浅瀬からは時折、河鹿の鳴き声が瀬音とともに心地よく伝わります。まさしく初夏の気配です。河鹿は清流を住処にしている蛙で、その高く澄んだ鳴き声は鹿に似ているといわれています。

黒部峡谷鉄道は、黒部の山々の残雪と柔らかな新緑のコントラストを眺めながら、深く切り立った黒部峡谷沿いを走り、トロッコならではの黒部の自然が満喫できます。コロナ禍故に命の息吹が感じられる峡谷の新緑で心身ともに癒していただきたいと願っています。

牡丹華(ぼたんはなさく)

<牡丹:松尾敏男>

4月30日から七十二侯は「牡丹華(ぼたんはなさく)」で二十四節気「穀雨」の末侯になります。百花の王である牡丹が大輪の花を咲かせる頃という意味。牡丹は、俳句では夏の季語で、春の終わりを惜しむように咲き、夏への橋渡しをしてくれます。宇奈月温泉は牡丹の開花にはまだ少し早いようです。

延楽には日本画壇の先生達がよく逗留されなした。日本美術院の堅山南風先生も常連で、そのお弟子さん達も含めた作品が残っています。とりわけ松尾敏男画伯の「牡丹」は気品があり展示すると周りが華やかになります。現在、ロビーに展示されています。

宇奈月では山から吹き下ろす朝風は肌寒く、雪が残った山肌と麓の新緑が目に優しいコントラストを作り出します。雪が消えた宇奈月の原野にはカタクリやキケマンの群生が現れ、春の陽光を浴びて一斉に花開しています。時折、鶯の鳴き声が心地よく響きます。5月2日は、立春から数えて88日目で「夏も近づく八十八夜」となります。夏がすぐそこまでやってきています。

霜止出苗(しもやみてなえいずる)

<雪を纏った後立山連峰>

4月25日から七十二侯は「霜止出苗(しもやみてなえいずる)」で、二十四気「穀雨」の次侯となります。朝晩の厳しい冷え込みは緩み、霜が降りなくなる頃という意味です。農家では田植えの準備に取りかかり、田圃に水を張ります。満面の水面には、雪を纏った後立山連峰(白馬連山)の山々と新緑の里山が美しく映り込み、山居村の屋敷は浮城のように見えます。名水の里、黒部川扇状地の風景が最も煌く頃となります。

黒部川扇状地は、愛本橋付近を扇頂として扇角約60度で富山湾に至る日本で一番美しい扇形の平野です。扇頂から河口まで約13km、面積は96k㎡で、氾濫の積み重ねによって形成されました。黒部川は、かつては扇状地で複雑な流路を作り、その網目状のような川の流れから黒部四十八ケ瀬あるいはイロハ川とも呼ばれていました。昭和12年に国が黒部川の改修計画を直轄事業としてから順次整備が進み、今では大型の堅固な堤防によって川幅の広い河道になりました。上空から見ると、その中を黒部川が蛇行を繰り返しながら富山湾にそそいでいるのがよくわかります。下流域では湧水箇所が多く、黒部川扇状地湧水群と呼ばれていて人々に様々な恩恵を与えています。

葭始生(あしはじめてしょうず)

<黒部峡谷・黒薙にかかる後曳鉄橋>

4月20日から二十四節気は「穀雨」に入ります。春は、二十四節気の「立春」に始まり「穀雨」で終わりを告げます。「穀雨」は、春雨が百穀を潤す事から名付けられ、種まきや田植えの準備の目安となります。変わりやすい春の天気もこの頃から安定し、日差しも強まってきます。七十二侯は「葭始生(あしはじめてしょうず)」で「穀雨」の初侯にあたります。水辺の葭が、芽吹き始める頃という意味です。黒部峡谷は、萌黄色に染まり黒部奥山ではブナの峰走りが現れる頃となります。

冬期間運休していた黒部峡谷鉄道は、4月20日より宇奈月・笹平(7km)間で部分運転が始まりました。昨年は、4月16日に緊急事態宣言が全国に発出されたため、運行を取りやめる事態となりました。今年はコロナ禍の中ではありますが、関係者のご尽力により無事に運行再開しました。

トロッコ沿線の雪が残る黒部の山々は、日一日と雪解けが進みます。その雪解け水は激流となり峡谷の岩を食みながら下流に下っていきます。黒部の峡谷に吹く川風はまだ冷たく、時折山桜の花びらを運んできます。木々の芽吹きが進む黒部の山々は、訪れる人々の心を癒してくれます。

虹始見(にじはじめてあらわる)

<雪の大谷>

4月15日から七十二侯は「虹始見(にじはじめてあらわる)」で、二十四節気「清明」の末侯にあたります。萌える山野を背景に驟雨一過、虹が出始める頃という意味です。春の虹は、夏の虹に比べると幻想的で、淡くたちまち消えてなくなります。

立山黒部アルペンルートは、4月15日に全線開通しました。一番のハイライトは雪の大谷で、雪壁は高い所で14mに達します。例年は18m前後あります。新型コロナウイルスの影響で、国内外のお客様は激減していますので、交通機関の乗り換えもスムーズに行えます。

立山黒部アルペンルートは富山県立山町の立山駅と長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ交通路で、総延長37.2kmの国際的にも大規模な山岳観光ルートです。ほとんどが中部山岳国立公園内で、 雪に覆われた北アルプスの名座は白く神々しく輝いています。

鴻雁北(こうがんかえる)

<朝日町舟川べりの桜並木>

4月10日から七十二侯は「鴻雁北(こうがんかえる)」で、二十四節気「清明」の次侯にあたります。日本で冬を過ごした雁は、列をなして北へと帰って行く頃です。雁が越冬のため日本へやってくるのは、七十二候の「鴻雁来(こうがんきたる)」の頃で、二十四節気「寒露」の初侯にあたります。すなわち10月8日前後で、それから半年間、日本で越冬します。

二十四節気「清明」を迎えると空が明るく澄んで草木が芽生え、雪国の桜は満開となります。富山県朝日町の舟川べりの桜並木は、雪を纏った後立山連峰を背景に美しく輝く頃となります。冷たい川風と雪解け水が流れる舟川が、桜の花で覆われる早春のひと時です。今年は、桜の開花が早く桜吹雪は4月初旬に見ごろでした。桜が散ると田圃に水が張られ、田植えの準備が始まります。

玄鳥至(つばめきたる)

<黒部川扇状地から望む白馬連山>

4月4日から二十四節気は「清明」に入ります。清明とは「清浄明潔」の略で「万物発して清浄明潔なればこの芽は何れの草としれる也」と江戸時代に出版された暦の解説書「暦便覧」に記述されています。まさに万物がすがすがしく明るく輝くころとなります。

七十二侯は「玄鳥至(つばめきたる)」で二十四節気「清明」の初侯。幻鳥とは燕の事で、燕が南の国からやって来る頃と言う意味です。まもなく宇奈月では岩燕の飛行が見られます。岩燕は小型で、尾羽の切り込みが浅く英名が「House Martin」、燕は大型で尾羽の切込みが深く「Barn Swallow」でマーチンとスワロウです。日本には繁殖のために飛来し、宇奈月では温泉街から山地にかけて集団で営巣します。

黒部川扇状地から後立山連峰を望むと雪を纏った名峰が神々しく輝いています。今年は大陸からの黄砂の飛来が激しく、久しぶりの青空です。正面奥の名座は白馬岳(2932m)、隣が旭岳(2867m)と清水岳(2603m)。これからは北アルプスを背景に、桜とチューリップが加わる彩り豊かな季節となります。清明ならではの情景です。

雷乃発生(かみなりすなわちこえをはっす)

<雪解けの落葉樹林内に咲く菊咲一華>

3月30日から七十二侯は「雷乃発生(かみなりすなわちこえをはっす)」で、二十四節気「春分」の末侯にあたります。不安定な春の空に雷が鳴り始める頃と言う意味です。かつては春の雷は、恵みの雨を呼ぶ兆しとして人々が待ち望んだようです。

宇奈月温泉街は、コロナウイルスの影響で静寂さそのものです。朝の露天風呂から、残雪の多い稜線を望むことができます。風呂に浸かりながらの山々の対峙は、至福のひと時です。宇奈月温泉の入り口を滝のように流れ落ちる渓流は、宇奈月谷です。谷を流れる雪融け水は、これから日一日と勢いを増します。谷沿いの雪が消えた落葉樹林の中に分け入ると、可憐な水色の花が咲き誇っています。キクザキイチゲ(菊咲一華)です。雪融けの大地に一番早く開花させる花です。

桜始開(さくらはじめてひらく)

<桜、桜、桜の室礼>

3月25日から七十二侯は「桜始開(さくらはじめてひらく)」で、二十四節気「春分」の次侯にあたります。宇奈月温泉では、山々から吹き下ろす風はまだ肌寒く、桜の蕾はまだ堅しです。延楽のロビーでは桜一色の室礼で、ギャラリーの日本画の展示作品も、題材は桜です。

松岡映丘の「東海の図」では、彼方の海原に朝日が昇り、春霞棚引く山々と手前に松と桜の大樹を配し、波の穏やかな漁村風景を題材にした作品である。児玉希望の「芳埜」は、吉野の山々の桜を気品ある色合いで優雅に描いた大作です。児玉希望の「浅春」は、岩を喰む急流と訪れの遅い峡谷の春を表した作品で、黒部峡谷を思わせる景です。その他、東京藝術大学で松岡映丘の指導を受けた山口蓬春の「山佐久良」、同じく杉山寧の「春靄」の作品は、春の香りを漂わせてくれます。いよいよ春霞と、遠山桜の取り合わせが美しく映える季節となります。