虹蔵不見(にじかくれてみえず)

<活け蟹料理:焼蟹>

11月22日から二十四節気は「小雪」に入る。本格的な冬はもう少し先だが、山には雪が降り始める頃である。

七十二侯は「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」で二十四節気「小雪」の初侯にあたる。「蔵」は隠れると読む。空気が乾燥し、日差しが弱くなるので虹が見えなくなる頃という意味。

JR北陸キャンペンは、富山県、石川県、福井県がそれぞれの特徴を出し「蟹を食べに北陸へ」キャンペンを実施している。延楽は、地元で水揚げされた津和井蟹(ズワイガニ)を活け蟹会席に使う。

お造りの美味しさもさることながら、焼きガニの味わいは格別である。焼きガニは火加減や焼き方が難しいので、プロに焼いてもらうのが一番。延楽では焼きガニの熟練者が、お客様の目の前で焼くので高評である。あわせてその時の野菜と氷見牛を、伝統のダシにくぐらせて出す。晩秋ならではの味わいである。

金盞香(きんせんかさく)

<霧に覆われる黒部峡谷>

11月17日から七十二侯は、「金盞香(きんせんかさく)」で二十四節気「立冬」の末侯にあたる。金盞香が咲き始める頃という意味。金盞香とは水仙のことで、別名「雪中花」とも言う。

五弁の花びらの真ん中にある副花冠が、金色の盃を表す「金盞(きんせん)」に似ているところから、金盞香と命名される。水仙の花が咲くと、上品な香りが漂い始める。

宇奈月温泉では、冷たい時雨が降ったりやんだり繰り返しながら、一雨ごとに冬へと近づいてゆく。雨上がりの霧が山を覆い、その切れ間から深紅に染まった木々が現れる。天候が回復してくると、霧が山の斜面を這い上がり稜線へと続く。雨上がりの紅葉の黒部峡谷は一段と幻想的になる。次の冷気がやってくると山の稜線が雪化粧して、黒部の三段染めが始まる。

地始凍(ちはじめてこおる)

<紅葉の落葉樹林>

11月12日から七十二侯は「地始凍(ちはじめてこおる)」で、二十四節気の「立冬」の次侯にあたる。陽気が弱まって日ごとに冷え込みが増し、大地が凍り始める頃という意味。

冷たい時雨が降ったりやんだりを繰り返し、ひと雨毎に冬へと近づいていく。黒部峡谷の紅葉はまだまだ見ごろで、色濃い黄金色と深紅の照り葉が美しく輝く。

宇奈月温泉「やまびこ遊歩道」では、様々な木々の落ち葉が敷き詰められている。黄色に色付いたクスノキ科の壇香梅や、大葉黒文字の落ち葉は柑橘系の香りを漂わせる。春にはいち早く黄色花を開かせる落葉樹である。

山茶始開(つばきはじめてひらく)

<湯鏡に映る錦繍の峡谷>

11月7日から二十四節気は「立冬」に入る。暦の上では冬の到来であるが、宇奈月温泉周辺の紅葉が最も美しく映える頃だ。

七十二侯は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」で、二十四節気「立冬」の初侯にあたる。太陽の気配が弱くなり、山茶花が咲き始める頃という意味。黒部の山々は、新雪で雪化粧をして、黒部の三段染めを楽しめる頃を迎える。露天風呂「華の湯」の湯鏡に、錦繍の峡谷が色濃く映り込む。

山が紅に染まると北西からの強い風が吹くようになる。本格的な冬の到来である。富山湾では、冬の味覚ズワイガニ漁が6日から解禁となった。漁はこれから年末にかけてピークとなり、雄が3月20日まで、雌は1月10日まで漁期となっている。

湯量豊富な美肌湯とズワイガニは、冬の宇奈月温泉の最高の取り合わせである。

楓蔦黄(もみじつたきばむ)

<遠山初雪:塩出英雄 セレネ美術館蔵>

11月2日から七十二侯は「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」で、二十四節気「霜降」の末侯にあたる。楓や蔦が黄色く色付き、紅葉が始まる頃という意味。

宇奈月温泉周辺は黄色や赤に彩られ、これからその濃さが増してくる。黒部峡谷は、これから深紅が鮮やかになる。黒部峡谷には楓の大樹が多く自生する。赤く染まる楓は、ハウチワカエデ、ウリハダカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジ等。黄色く色づく楓は、イタヤカエデ、ヒトツバカエデ等があり、針葉樹や常緑樹の緑と流れる水の青さなどが入り混じり峡谷は極彩色に彩られる。

黒部峡谷・セレネ美術館には塩出英雄の作品で「遠山初雪」が所蔵されている。11月初旬に画伯を案内して欅平から立坑エレベーターに乗り、展望台に至る。そこには初冠雪を戴いた白馬連山が見える。神々しいくらいに白く輝いていた。欅平側の名剣山は紅葉真っ盛りで、赤と黄色に輝く。画伯は、黒部の渓谷は、宗教的な荘厳な輝きを帯びていると感嘆の声をあげられた。まさに極彩色の輝きである。

霎時施(こさめ ときどきふる)

<黒部川扇状地から後立山連峰を望む>

10月28日から七十二侯は「霎時施(こさめときどきふる)」で、二十四節気「霜降」の次侯にあたる。霎(こさめ)は小雨ではなく通り雨で、時雨(しぐれ)のことである。一雨毎に気温が下がり、冬が近づく頃という意味。一雨毎に気温が一度下がるので「一雨一度」とはよく言ったものだ。

秋晴れの下、黒部川河川敷から上流を望むと初冠雪を戴いた後立山連峰が白く輝いている。富山県と長野県の境をなしている連山である。左から白馬岳(2932m)、旭岳(2867m)、清水岳(2603m)の名座で、さらには五竜岳(2814m)、鹿島槍ヶ岳(2889m)と連なる。いずれも黒部川を育む連山である。

秋時雨は、冬支度を始める合図で、黒部川の支流ではサクラマスの産卵が始まっている。黒部峡谷鉄道の最終駅である欅平付近は標高600mで、今が紅葉真っ盛り。黒部峡谷紅葉前線は、宇奈月温泉へと約10日間かけて降りてくる。いよいよ錦繡の季節に入る。

霜始降(しもはじめてふる)

<昭和天皇 御製>

10月23日から二十四節気は「霜降」に入る。秋は深まり暖が欲しくなる頃、里山には霜が降りる。「霜降」が過ぎれば立冬となるので、今は秋から冬への変わり目である。立山連峰、後立山連峰の名座が雪を纏って白く輝いている。

七十二侯は「霜始降(しもはじめてふる)」で二十四節気「霜降」の初侯にあたる。朝夕の冷気で、延楽から対峙する黒部の山々の稜線は、赤や黄に染まる。宇奈月温泉周辺の黒部川支流では、サクラマスの産卵が始まった。

昭和33年10月21日、昭和天皇が延楽で宿泊されたときに詠まれた御製が残されている。

(御製 宇奈月の宿より黒部川を望む)
くれないに 染め始めたる 山あいを
  流るる水の 清くもあるかな
 
 侍従 入江相政 謹書

宿の部屋から眺める黒部の山々は色付き始め、峡谷を流れる水はますます清く透明度増してくる。今も昔も変わらぬ黒部の峡谷美である。

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

<「秋草の図」塩崎逸陵>

10月18日から七十二侯は、「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」で二十四節気「寒露」の末侯にあたる。季節は晩秋、冬がそこまでやってきているので、蟋蟀(きりぎりす)が戸口で鳴く頃という意味。昔はコオロギのことをキリギリスと呼んだ。

一雨ごとに秋の深まりが感じられ、黒部の山々の稜線は紅に染まりつつある。17日に立山、白馬岳の初冠雪が気象台から発表され、立山連峰、後立山連峰が昨年より5日早い雪化粧である。黒部の流れは増々清くなり、サケの遡上が始まる。サクラマスは皐月の頃に遡上が終わり、今は黒部の川の深い淵に潜んで、産卵のために支流へ移動する頃合いを探っている。

塩﨑逸陵画伯が描いた「秋草の図」には、秋の虫が描かれている。塩﨑逸陵は、富山県高岡市出身の日本画家で東京美術学校(東京藝術大学)に学び、川端玉章、寺崎広業に師事した。気品あふれる花鳥画や人物画を描き、その足跡が延楽に残されている。

菊花開(きくのはなひらく)

<堂本印象:国光>

10月13日から七十二侯は「菊花開(きくのはなひらく)」で、二十四節気の「寒露」の次侯にあたる。菊が咲き乱れる頃という意味。各地で菊祭りが開かれ、朝晩の冷え込みがはっきりと感じられる頃でもある。

紅葉前線は9月中旬の立山室堂平(2450m)付近から次第に高度を下げ、今は黒部平(1828m)付近が紅葉の見ごろである。「秋の日はつるべ落とし」と言うくらいに日が短くなり、太陽はあっという間に沈んで、夜空には冴え冴えと月や星が輝く季節でもある。

清少納言は枕草子で「秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、鳥の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさえあはれなり。まいて雁などのつらねたるが、いとちいさく見ゆるはいとおかし。日入りはてて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。」と歌っている。宇奈月温泉に浸かり、夕暮れ時の虫や風の音に、風情を感じてみたいものだ。

鴻雁来(こうがんきたる)

<黒部川の支流・弥太蔵谷>

10月8日から二十四節気は「寒露」となる。夜空に輝く星が冴える頃、秋が徐々に深まり、夜は肌寒く朝夕の露が一層冷たく感じられるようになる。

七十二侯は「鴻雁来(こうがんきたる)」で、雁が北から渡ってくる頃という意味。これに対して半年前の七十二侯には「鴻雁北(こうがんかえる)」がある。雁が北に帰る頃で今年は4月10日だった。七十二侯は季節の変わり目を、気象変化や動植物の行動変化で捉え、漢字3文字ないし4文字で表した日本人の豊かな感性が育んだ暦である。

黒部の川は、流れる水の透明度を増しながらサケの遡上を待っている。川沿いに設けられたやまびこ遊歩道の足元には、冷たい露に覆われた野菊が咲き誇っている。紫式部の小さな実も紫色に染め始める頃である。黒部川の支流である弥太蔵谷は、サクラマスの到来を待っている。白鷺の姿を見るとそれも間近だ。いよいよ山装う季節の到来である。