青油滴天目輪花向付

<宇宙のような広がりの油滴天目>

富山湾の平目に雲丹が合います。延楽自家製の煎り酒でお刺身をいただきます。合わせるお酒は、地酒・勝駒純米吟醸です。

季節の器は、「向付・青油滴天目輪花」です。深みのある青と、油滴が生み出す模様に魅了されます。

飴釉金箔馬盥形向付

<氷見牛炙り>

雅膳の焼物は、氷見牛の炙りです。脂の少ない赤みの部位を炙りにしています。地元栽培の甘みのあるアスパラを添えます。この時期は、アスパラの美味しい季節です。

季節の器は、「飴釉金箔馬盥形向付」です。飴釉の向付の見込みに金箔を施してあり、馬盥形ですが華やかな器です。

浅葱交趾鯉幟筒向付

<雅膳の一品>

雅膳の一皿は、白魚の酒煮と山菜と生くちこです。 黒部峡谷は新緑が美しく映える頃となりました。きりっとした地酒は、千代鶴「恵田」がおすすめです。

季節の器は、端午の節句にちなんで「浅葱交趾鯉幟筒向付」です。 鯉の目玉や鱗は銀彩で加飾され、浅葱交趾の青みを一層引き立ててくれます。

 

色絵菖蒲絵向附

<晩春の割鮮>

雪融け水が勢いよく流れ込む晩春の富山湾。割鮮とは、新鮮な造りのことです。この季節の旬魚は、蛍烏賊、白海老、水蛸、細魚、のど黒、富山海老、バイ、柳ばちめ、平目、キジハタ、鯛など、水揚げされる魚の種類が多くなります。

白身魚のお造りには、延楽特製の刺身ダレ「煎酒」をお試しください。魚の上質な旨味が、お口の中で驚くほど広がります。合わせる酒は、皇国晴酒造「大吟醸 幻の瀧」、清都酒造「勝駒純米吟醸」、千代鶴酒造「純米吟醸 千代鶴」がお薦めです。

季節の器は、「色絵菖蒲絵向付」です。器で季節をめでるのも料理の楽しみの一つです 。

染付芙蓉手兜鉢

<富山湾の毛蟹>

紅津和井蟹は4~8月の期間、津和井蟹は3月21日~11月5日の期間は資源保護のため禁漁となります。富山湾では毛蟹が水揚げされますので、その間美味しくいただけます。黒部の山菜を添えて。 

季節の器は、「染付芙蓉手兜鉢」です。名前の由来の通り兜の形です。染付の色合いと書き込みがしっかりしています。

高麗色絵八ツ橋蓋向

<のどぐろと春野菜の炊合>

富山湾の生地沖で獲れる、のど黒は大きくて脂がのっているので人気があります。 刺し網で丁寧に水揚げするので味は格別です。のど黒と春野菜の焚合せは 「延楽・のど黒会席」の一品です。

盛りつける季節の器は「高麗色絵八つ橋蓋向」です。菖蒲が金彩の縁取りで、華麗に描かれています。明治初期にアメリカ人のビーゲロ等を魅了してやまなかった京焼です。

渕赤七宝紋皿

<山菜とホタルイカの天婦羅>

宇奈月の野山は、山菜取りの季節になりました。残雪が融けだすとワラビやウド、コゴミゼンマイ、タラノメ、ススタケ、ウルイなどが現れます。山菜の苦みは、油で揚げることによって食べやすくなります。ホタルイカのワタは油で揚げると格別のうまみが出ます。春の香りを天婦羅でお楽しみください。

季節の器は、「渕赤七宝紋皿」です。白磁に赤の彩色が映えます。

角向附・乾山写色絵瓔珞紋

<地鱒の握り>

桜の花が咲き始めると、富山湾から地鱒(桜鱒)の遡上が始まります。地元では桜鱒を地鱒と言って大事に取り扱っています。地鱒は、黒部川を遡上すると夏の期間は渓流の深い淵に潜み、紅葉が始まると支流で産卵します。

延楽・雅膳の一皿は、地鱒の握りです。 季節の器は「角向附・乾山写色絵瓔珞紋」です。

九谷赤絵金彩七賢人平皿

<繊細で緻密な書き込みが特徴の九谷赤絵金彩>

富山湾から水揚げされる春の旬魚は、種類が豊富です。今が旬の白海老、富山海老、ホタルイカ、アオリイカ、ヒラメ、ヒラマサ。そのほか細魚、メバル、ブダイ、白海老、のど黒等々。新鮮なお造りは、延楽特別醸造の醤油と煎り酒でお召し上がりください。

季節の器は、「九谷赤絵金彩七賢人平皿」です。九谷赤絵は、弁柄と呼ばれる鉄分を含む赤い顔料を使い、金襴を施して仕上げます。繊細で緻密な書き込みが特徴です。明治初期に欧米への輸出用に制作されました。円中組の円中孫平やパリ在住の林忠正が活躍した時代です。

見返花筏蒔絵吸物椀

<朝獲れのはまぐり>

宇奈月の桜の開花は、県内では遅い方です。黒部の山から吹き下ろす風は、冷を含んでいます。山に片栗が咲く頃に、桜の開花が始まります。富山湾の貝類も美味しくなります。

季節の器は、「見返花筏蒔絵吸物椀」です。お椀の見返りは春です。