白山大戟(ハクサンダイゲキ) トウダイグサ科

<杯状花序が特徴>

白山大戟(ハクサンダイゲキ)は宇奈月の高山の草地に自生するトウダイグサ科の多年草です。野漆に似ているところから深山野漆(ミヤマノウルシ)とも呼ばれています。

茎は直立し高さは50cm程になります。葉は狭長楕円形で互生し、主脈がはっきりしています。茎の先の葉は丸くて輪生します。
花序は杯状で花弁はなく、茎や葉の白い乳液は有毒です。根茎の漢方名は大戟(たいげき)といい,利尿剤に用いられました。唐松岳の宇奈月側や長野県側に多く見られます。

岩下野(イワシモツケ) バラ科

<岩場を好む花>

岩下野(イワシモツケ)は、宇奈月の高山帯の日当たりのよい岩場に自生するバラ科の落葉低木です。よく分岐して横に広がります。

葉は、厚みがあり1~5cmの長楕円形で、先に鈍鋸歯があり両面は無毛です。霧が明けると葉には多くの水滴が残ります。旭岳から清水岳の登山道沿いの岩場では7月、短い新枝の先に散房花序をつけ、白色の5弁花を多数つけます。

深山苧環(ミヤマオダマキ) キンポウゲ科

<霧に包まれてひっそり咲く>

深山苧環(ミヤマオダマキ)は、宇奈月の高山帯の岩場や岩礫地に自生する、キンポウゲ科の多年草です。

根茎は太く、茎の高さは10~20cmで上部でまばらに分岐します。葉は根出葉と茎葉があり、根出葉は2回3出複葉で3~10枚出ます。小葉は扇形で3裂して裂片はくさび形をなし、縁には丸く大きな鋸歯があります。

茎頂に花径3cmほどの花を1~2個下向きにつけます。外側の鮮紫色の花弁状のものは萼片で5個あり広卵状披針形です。内側の5個の花弁はやや短く長方形で、弁先は黄白色で基部は紫色で長い距があります。

和名は、花の形が紡いだ麻糸を巻いた苧環に似ていることに由来しています。

岩爪草(イワツメクサ) ナデシコ科

<黒部峡谷・清水岳の頂上付近の岩場に群生する>

岩爪草(イワツメクサ)は、宇奈月の高山の岩場に群生するナデシコ科の多年草です。

茎は直立し、高さ5~20cmなります。葉は細長く密集します。花は白色で5弁花ですが、真ん中に深い切れ込みがあるので花弁が10枚に見えます。ナデシコ科の深山繁縷(ミヤマハコベ)も同様です。

宇奈月の名座「清水岳(標高2603m)」は、白馬岳から黒部峡谷・祖母谷温泉へ至る登山道の途中にある山で、白馬岳の前衛峰に当たります。山頂付近は傾斜がなだらかで高山植物が多く分布します。黒羽川扇状地を眼下に眺めながらの雪渓下りは最高の醍醐味です。

得撫草(ウルップソウ) ゴマノハグサ科

<白馬岳の代表的な高山植物>

得撫草(ウルップソウ)は、宇奈月の高山の斜面や砂礫地に生えるゴマノハグサ科多年草です。白馬大雪渓を上り、途中から登山道に入って迎えてくれるのは深山苧環(ミヤマオダマキ)。村営山小屋あたりから得撫草が迎えてくれます。

花径は直立し高さは15cm前後で、葉は広楕円形で肉質で表面につやがあります。青紫色の花を穂状に多数つけ、雄蕊は花弁よりも短くなっています。花穂は円柱形で各花に苞があります。

和名は、千島列島の得撫島(ウルップトウ)で最初に発見されたことに由来します。

褄取草(ツマトリソウ) サクラソウ科

<小さすぎて見過ごしてしまう、可憐な花です>

褄取草(ツマトリソウ)は、宇奈月の亜高山の笹藪の中に自生するサクラソウ科の多年草です。

茎の高さは10cmぐらいで分岐せずに直立し、葉は広披針形で互生し、茎の上部では輪生します。雪解けの夏に茎の上部に花柄を出し1.5cmぐらいの白花を1花つけますが、小型なので意外と見過ごしてしまいます。萼は7片に裂け、花冠も7裂し花びらが7枚のように見えます。

和名は、白い花弁の先端に淡紅色の縁取りが、鎧の褄取威(つまどりおどし)に似ている事に由来します。宇奈月では白花が多いです。

衣笠草(キヌガサソウ) ユリ科

<大形の亜高山植物・衣笠草>

衣笠草(キヌガサソウ)は、宇奈月の亜高山の沢沿いに自生する、大型のユリ科の多年草です。

根茎は太く塊茎となり、丸くて太い茎は1本直立し、高さが30~70cmぐらいになります。葉は、茎の先に7~10個、輪生し、倒卵状楕円形で大きいもので長さ25cmにもなります。

茎頂に1花を、上向きに咲かせます。花の色は花弁状で黄白色から淡紅色になり、最終には淡緑色になります。

小岩鏡(コイワカガミ) イワウメ科

<超小型なので見過ごしてしまう>

小岩鏡(コイワカガミ)は、宇奈月の高山帯の草地や岩場に自生するイワウメ科の多年草です。

茎は短く地を這って分枝し、先に長柄ある根出葉を束生します。葉身は円形で鋸歯があり革質で表面は光沢があります。7月高さ5cmの花径を伸ばし、3~8個の花を総状花序を付けます。花は淡紅色で花冠は漏斗形で5裂し、縁はさらに細裂しています。葉の長さ幅が3cm以下のものを小岩鏡といいます。

和名は、岩場に生え葉が鏡のごとく光沢があることに由来します。

白山一華(ハクサンイチゲ) キンポウゲ科

<お花畑を彩る白山一華>

白山一華(ハクサンイチゲ)は、宇奈月の高山帯の湿った草地に、大群落をつくるキンポウゲ科の多年草です。

花茎の高さは10~30cmで直立します。根出葉は柄があって掌状に裂けます。茎頂の総包葉の中心に1~5個の花を開きます。白色の花は萼片で5~7個あり花弁状となります。高山のお花畑を彩る代表的な高山植物です。

御前橘(ゴゼンタチバナ) ミズキ科

<4個の白色の総苞は、花びらではない>

御前橘(ゴゼンタチバナ)は、宇奈月の高山に自生するミズキ科の常緑小草本です。

地下茎から10cm位の茎が直立し、頂部に6個の葉を輪生してつけます。葉は、楕円形で先端は尖っています。花は、4個の白い総苞に囲まれています。同じミズキ科のハナミズキやヤマボウシに似ています。