菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)

<早春の黒部平野>

3月16日から七十二侯は、「菜虫化蝶(なむし、ちょうとなる)」で二十四節気は啓蟄の末侯にあたる。厳しい冬を越したサナギが蝶に羽化する頃という意味。

「菜虫」とはアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称。特に紋白蝶の幼虫の青虫をさす。菜の花が畑一面に咲き乱れ、羽化した紋白蝶が飛び始める頃となる。ところが宇奈月温泉では、夜半の雪で山々が雪化粧する日が続く。黒部川下流の黒部平野では雪がほとんど消え春めいて、雲雀のさえずりが確認できた。