半夏生(はんげしょうず)

<宇奈月ダムの排砂ゲートから土砂が出される>

7月1日から七十二侯は、「半夏生(はんげしょうず)」で二十四節気「夏至」の末侯。半夏という薬草が生える頃という意味。

半夏は烏柄杓(からすびしゃく)で、サトイモ科の多年草。花茎の頂きに仏炎苞(ぶつえんほう)をつけ、中に肉穂花序を付ける独特な形をしている。宇奈月の山で見かける座禅草、水芭蕉、蝮草なども仏炎苞を有し肉穗花序を付けている。仏炎包とは、仏像の光背の炎形に似ている苞のことで、サトイモ科の植物に多くみられる。

この頃に降る雨は、半夏雨(はんげあめ)と言われ、大雨になることが多い。梅雨前線が日本列島に停滞するこの時期に、宇奈月ダムでは増水を利用して堆積した土砂を吐き出す排砂が行われるが、今年は6月26日から6月28日まで上流のダムと連携して排砂された。

7月1は北アルプス・立山の夏山開きで、夏山のシーズン到来である。室堂(標高2450m)にある「みくりが池」周辺では、残雪と高山植物の見頃を迎える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です