熊蟄穴(くま あなにこもる)

<黒部宇奈月温泉駅から白馬岳を望む>

12月12日から七十二侯は「熊蟄穴(くま あなにこもる)」で二十四節気の「大雪」の次侯にあたる。熊が厳しい冬を乗り越えるために穴にこもる頃という意味。

例年この時季は、シベリアから寒気団が南下し、北陸に大雪をもたらす。本格的な降雪は、二十四節気の「冬至」に入ってからと予測される。

北陸新幹線が、新潟県と富山県の県境のトンネルを抜けて、朝日町の平野部に出ると眺めに圧倒される。左手には新雪に輝く北アルプス、右手には能登半島と富山湾の景色が広がる。その名座と富山湾の深海の高低差は約4千メートル。まさに絶景である。

閉塞成冬(そらさむく ふゆとなる)

<雪化粧が美しい延楽対岸の山々>

12月7日から二十四節気は「大雪」に入る。木々の葉はすっかり散り終え、雪の日が多くなる。

七十二侯は「閉塞成冬(そらさむく ふゆとなる)」で「大雪」の初侯にあたる。天も地も寒さで塞がれ、本格的な冬到来の頃という意味。宇奈月温泉を取り巻く山々は雪化粧。黒部川の水面近くの名残の紅葉が、季節の移ろいを感じさせる。季節は日一日と真冬へと向かってゆく。

これからの雪景色は、最も宇奈月温泉らしい風情を醸し出す。その雪景色と湯量豊富な温泉と富山湾の海の幸は、芸術家達を魅了した。延楽にゆかりのある川合玉堂、中川一政、小杉放庵、堅山南風、榊原紫峰等の巨匠の作品が館内に展示されている。峡谷に面した館は、雪を愛でるのに最も適したところである。

橘始黄(たちばな はじめてきばむ)

<寒鰤の旨味が味わえる鰤しゃぶ>

12月2日から七十二侯は「橘始黄(たちばな はじめてきばむ)」で、二十四節気「小雪」の末侯にあたる。

師走に入り、橘が黄金に輝く実をつける頃という意味。橘とは蜜柑や柚子などの食用になる柑橘類の総称でもある。古事記や日本書紀にも登場し、万葉集にも多く詠われている。京都御所や平安神宮では「左近の桜」に対して右側に植えられているのが「右近の橘」。

今日は冬型の気圧配置となり、強い風が吹き荒れる。深紅の葉が風に舞う。宇奈月温泉は、雪見露天風呂と寒鰤、津和井蟹が味わえる食の季節に入った。鰤しゃぶの旨い季節になる。

朔風払葉(きたかぜ このはをはらう)

<終宴:手塚雄二 セレネ美術館蔵>

11月27日から七十二侯は「朔風払葉(きたかぜ、このはをはらう)」で二十四節気「小雪」の次侯にあたる。朔とは北の方角の意味があるので朔風は北風のこと。北風が吹いて木の葉を散らす頃という意味。

黒部峡谷鉄道は11月30日で営業終了となる。宇奈月温泉周辺の木々は、まだまだ色濃い紅葉の葉をつけている。山彦遊歩道は、錦色に染まった落葉で綾錦の絨毯を引いたかのようである。

セレネ美術館の収蔵作品の中に、黒部の落ち葉をとらえた手塚雄二画伯の「終宴」がある。奥黒部の取材を終えて岐路についた時、断崖絶壁の日電歩道にはヒラヒラと落ち葉が舞い落ちる。晩秋の黒部の印象を描いた作品である。

黒部峡谷は初雪と紅葉が織りなす幽玄の世界に入る。

富山湾の寒鰤

冬型の気圧配置が強まると、寒ブリの群れが富山湾に仕掛けられた定置網に入ります。今年の寒ブリシーズン到来を告げる「寒ブリ宣言」が、例年より11日も早く、11月20日に出されました。脂ののった大物の寒ブリの水揚げで、市場が活況を呈しています。

地響を伴った激しい雷鳴が轟き渡るのは、11月末から1月の間にかけて。北陸特有の冬期雷です。富山湾に強風が吹き荒れ、沖合では大シケが続き閃光が走ります。鰤の豊漁を告げる「鰤起こし」と呼ばれる気象現象です。

お造りは、上質な脂がのっていて全く臭みが無く絶品です。富山ならではの無濾過の地酒・生酒にも合います。

虹蔵不見(にじかくれてみえず)

<活け蟹料理:焼蟹>

11月23日から二十四節気は「小雪」に入る。本格的な冬は未だ遠いが、山には雪が降り始める頃である。

七十二侯は「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」で二十四節気「小雪」の初侯にあたる。「蔵」は隠れると読む。空気が乾燥し、日差しが弱くなるので虹が見えなくなる頃という意味。

JR北陸キャンペンは、富山県、石川県、福井県がそれぞれの特徴を出し「蟹を食べに北陸へ」キャンペンを実施している。延楽は、地元で水揚げされたズワイガニをそのまま専用の生簀に入れ、活けガニ会席に使う。

お造りの美味しさもさることながら、焼きガニの味わいは格別である。焼きガニは火加減や焼き方が難しいので、プロに焼いてもらうのが一番。延楽では焼きガニの熟練者が、お客様の目の前で焼くので高評である。あわせてその時の野菜と氷見牛を、伝統のダシにくぐらせて出す。晩秋ならではの味わいである。

六寸皿・金箔散し

<今が旬の香箱蟹>

香箱蟹(こうばこがに)は、ズワイ蟹の雌で雄と比べるとかなり小ぶりで、【延楽・活蟹会席】のひと皿です。

サイズが小さいので、丁寧に身を抜き甲羅に盛り付けます。つぶつぶの茶色の卵は外子で特別の食感が味わえます。旨みが凝縮された味噌とオレンジ色の内子は濃厚な味で格別の旨みがあります。

季節の器は、六寸皿・金箔散しです。

金盞香(きんせんか さく)

<霧に覆われる黒部峡谷>

11月18日から七十二侯は、「金盞香(きんせんかさく)」で二十四節気「立冬」の末侯にあたる。金盞香が咲き始める頃という意味。金盞香とは水仙のことで、別名「雪中花」とも言う。

五弁の花びらの真ん中にある副花冠が、金色の盃を表す「金盞(きんせん)」に似ているところから、金盞香と命名される。水仙の花が咲くと、上品な香りが漂い始める。

宇奈月温泉では、冷たい時雨が降ったりやんだり繰り返しながら、一雨ごとに冬へと近づいてゆく。雨上がりの霧が山を覆い、その切れ間から深紅に染まった木々が現れる。雨上がりの紅葉の黒部峡谷は一段と幻想的になる。山の頂が雪化粧すると黒部の三段染めが始まる。