菖蒲華(あやめはなさく)

<「田渕俊夫:放水」とカッシーナ・キャブチェアー>

6月26日から七十二侯は、「菖蒲華(あやめはなさく)」で、二十四節気「夏至」の次侯にあたり、 菖蒲の花が咲く頃という意味です。 菖蒲は「あやめ」とも「しょうぶ」とも読めて、あやめ(菖蒲)は梅雨の到来を告げる花として親しまれています。判別方法は、 外花被のつけ根にある網目模様はあやめ、黄色の目型模様は花菖蒲、白色の目型模様は杜若です。宇奈月公園の花菖蒲は、6月の初めに開花し今は結実となり 冷たい清水が流れる沢には源氏蛍が乱舞します。月末には神社では「夏越の大祓」が行われ、茅の輪をくぐって半年間の穢れを祓います。

立山黒部アルペンルートにある黒部ダムでは6月26日から夏の行楽シーズンの到来を告げる観光放水が始まります。ダムは、河床からの高さが高さ186mと日本一の壁面を誇るアーチ式キダムで、二箇所の放水口から毎秒7.5トンずつ合計15トンが観光放水されます。山が色付く10月15日まで毎日実施されます。 豪音と共に噴出する水しぶきで、くっきりとした虹が架かります。

黒部峡谷・セレネ美術館では、田渕俊夫画伯の黒部ダムの放水を捉えた院展出品作品が展示されています。大自然の中で人間が多くの犠牲を払って造り上げたダム。そこから放出される水のエネルギーを巧みにとらえた名品です。