菊咲一華(キクザキイチゲ) キンポウゲ科

<菊咲一華(キンポウゲ科)>

宇奈月の原野の雪が解け始めると、すぐ開花するのは菊咲一華(キクザキイチゲ)で、キンポウゲ科の多年草です。菊に似た花を一輪つけることからこの名前が付きました。

宇奈月では白や淡紫色の花が多く、まれに淡紅色も見られます。暖かくなると花が開き、夜や雨の時は気温が下がるので花を閉じます。

上部に三枚の苞葉が輪生し、深く切れ込んだ葉はキンポウゲ科の特徴が出ています。多雪地の山地で普通に見られる可憐な花です。落葉樹林内でもよく見かけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です