虹始見(にじはじめてあらわる)

<雪の大谷>

4月15日から七十二侯は「虹始見(にじはじめてあらわる)」で、二十四節気「清明」の末侯にあたります。萌える山野を背景に驟雨一過、虹が出始める頃という意味です。春の虹は、夏の虹に比べると幻想的で、淡くたちまち消えてなくなります。

立山黒部アルペンルートは、4月15日に全線開通しました。一番のハイライトは雪の大谷で、雪壁は高い所で14mに達します。例年は18m前後あります。新型コロナウイルスの影響で、国内外のお客様は激減していますので、交通機関の乗り換えもスムーズに行えます。

立山黒部アルペンルートは富山県立山町の立山駅と長野県大町市の扇沢駅とを結ぶ交通路で、総延長37.2kmの国際的にも大規模な山岳観光ルートです。ほとんどが中部山岳国立公園内で、 雪に覆われた北アルプスの名座は白く神々しく輝いています。

コメントを残す