梅子黄(うめのみ きばむ)

<白身魚と相性のいい煎り酒>

6月16日から七十二侯は「梅子黄(うめのみ きばむ)」で二十四節気「芒種」の末侯にあたる。梅の実が熟して黄ばむ頃という意味。梅が黄ばんでくると梅干を作るための収穫となる。いよいよ梅雨本番。

延楽の人気商品に「煎り酒」がある。梅干しの塩梅と特製出汁を併せてつくる。地元の富山湾で獲れる真鯛、平目、のど黒、細魚(サヨリ)、太刀魚などの白身魚の刺身に合う。おろし山葵を少々付けて食すと、白身魚の繊細な味わいが口に中に広がる。

江戸時代に醤油が登場する以前に刺身ダレとして使われた。地酒との相性も良い。延楽自家製「煎り酒」は、刺身以外にもドレッシングや鍋物等にも幅広く使える。延楽の秘伝の味でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です