土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)

<芽吹きが始まる木々>

2月19日から二十四節気は「雨水」。空から降る冷たい雪が雨に変わり、宇奈月温泉街に積もった雪や氷が溶けて水となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。今年は早くて、すでに立春の日に記録する。七十二侯は「土脉潤起(つちのしょう うるおいをおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃と言う意味で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

黒部川の河原の木々は、早春の陽射しを受けて芽吹きが始まる。それを目当てに野生の猿がやってくる。宇奈月温泉スキー場近辺の山でも猿の群れをよく見かけるようになる。雪の下の柔らかな山菜の芽を求めて集まるのだ。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です