土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

<朝の陽ざしを浴びながら泳ぐ水鳥達>

2月19日から二十四節気は「雨水」に入る。空から降る冷たい雪が雨に変わり、野山の雪がゆっくりと融け始める。この頃の雨は「この芽起こし」といって、植物の芽吹きを助ける大切な雨となる。この時期に吹く強い南風が、春一番である。

七十二侯は、「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」で、二十四節気「雨水」の初侯にあたる。凍てついた大地が潤いをとり戻す頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされた。

夜半から雪がちらつき、強風も伴って一時、吹雪となるが春の風なので長続きはしない。黒部川では春の気配を感じた水鳥たちが、朝の陽射しを浴びながら活発に動いている。日一日と日足も長くなり、季節は確実に春に向かっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です