牡丹華(ぼたんはなさく)

<牡丹:松尾敏男>

4月30日から七十二侯は「牡丹華(ぼたんはなさく)」で二十四節気「穀雨」の末侯になります。百花の王である牡丹が大輪の花を咲かせる頃という意味。牡丹は、俳句では夏の季語で、春の終わりを惜しむように咲き、夏への橋渡しをしてくれます。宇奈月温泉は牡丹の開花にはまだ少し早いようです。

延楽には日本画壇の先生達がよく逗留されなした。日本美術院の堅山南風先生も常連で、そのお弟子さん達も含めた作品が残っています。とりわけ松尾敏男画伯の「牡丹」は気品があり展示すると周りが華やかになります。現在、ロビーに展示されています。

宇奈月では山から吹き下ろす朝風は肌寒く、雪が残った山肌と麓の新緑が目に優しいコントラストを作り出します。雪が消えた宇奈月の原野にはカタクリやキケマンの群生が現れ、春の陽光を浴びて一斉に花開しています。時折、鶯の鳴き声が心地よく響きます。5月2日は、立春から数えて88日目で「夏も近づく八十八夜」となります。夏がすぐそこまでやってきています。

コメントを残す