蚯蚓出(みみずいずる)

<宇奈月温泉周辺の新緑を作り出すカエデ属>

5月10日から七十二侯は、「蚯蚓出(みみずいずる)」で二十四節気「立夏」の次侯にあたる。夏に向うにつれ、土の中から蚯蚓(ミミズ)が這い出してくる頃と言う意味。

今まで冷気を含んでいた朝の風は、立夏ともなると爽やかな風になり、宇奈月は今まさに新緑の季節本番。春の陽射しは少しずつ力を増し、萌葱色の草木も日一日と緑が濃くなる。雪を纏った黒部の山々と里山の新緑が最も美しい頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です