水木(ミズキ) ミズキ科

<葉は下向きで謙虚な姿勢>

水木は宇奈月の山地に普通に見られるミズキ科の落葉高木です。幹は直立して大きく伸び、枝はテーブル状に水平に張り出します。

葉は長柄単葉で全縁です。全縁とは鋸歯状の切れ込みのない葉のことです。葉は枝先に集まって互生し、下面は白色を帯びて細毛があり、ほとんどの葉が下向きになります。

小枝の散房花序に花弁が4個の白色の小花が多く開きます。枝を切ると水がしたたり落ちるので名前の由来となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です