栃の木(トチノキ) トチノキ科

<宇奈月の深山に聳えるように成長する栃の木>

栃の木は、宇奈月の黒部峡谷沿いや宇奈月谷沿いに多く見られるトチノキ科の直幹性の落葉高木で、高さ30mにもなります。宇奈月の栃の森は、江戸時代に加賀藩によって植林され、大切に守られてきました。栃の実は、飢饉の際の大切な食料になるので、伐採を禁止されてきました。

陽射しを遮る大きな葉は、5個から7個の奇数の葉が掌状に集まった複葉です。中央の葉が最大で、大きな物で40cm位になり、端になるに従って小さくなっていきます。

枝先に直立する15cmから25cmの円錐花序を作り、その枝側に径1.5cmの花を多数つけます。花弁は4個で白色、中央は淡紅色を帯びます。秋には丸い実ができて落下します。その殻の中に栗に似た赤褐色の種子があり、地元では栃餅や栃粥として食べます。渋に含まれるアクを取るのに、真竹を焼いた灰を使います。

朴の木と栃の木を、見分けるには葉を調べます。朴の葉は、枝先の新しく伸びた部分に集まって互生しますが、束生しているので輪生状に見えます。栃の葉は 掌状なので違いが判ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です