矢車草(ヤグルマソウ) ユキノシタ科

<ひときわ目立つ大形の花で、群落を作る>

矢車草(ヤグルマソウ)は、宇奈月の深山の湿り気のある場所に自生するユキノシタ科の大形の多年草です。しばしば大きな群落を作り、 高さが1m近くになるのでよく目立ちます。

根出葉は50cmぐらいの葉柄があり、5枚の小葉からなる掌状複葉です。葉身は倒卵形で3~5裂し中央の裂片は先が尖り、両側に不整鋸歯が付きます。和名は、小葉の構成が端午の節句の鯉幟に添える矢車に似ていることに由来します。

6月頃、先端に円錐花序をつけます。花弁は無く、花弁に見える蕚裂片が長卵形で5~7個あり、緑白色から白色に変わります。

長く伸びた基部に集散円錐花序をつけ、その甘い香りで多くの虫たちを集めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です