乾山写桜絵向付

<桜鯛の炊合せ>

3月25日から七十二侯は、桜始開(さくらはじめてひらく)です。巷では、桜の開花が話題になり、桜餅が菓子舗の店先に並ぶ頃でもあります。

富山湾ではホタルイカ、サヨリ、アイナメ等が旬を迎えます。なかでも桜の季節は何といっても、桜鯛が美味しくなります。雅膳の一皿は、桜鯛の炊合せです。添える新牛蒡も春の香です。

季節の器は、「乾山写桜絵向付」です。器の外側も見込みも桜が満開です。

コメントを残す