桜始開(さくらはじめてひらく)

<桜、桜、桜の室礼>

3月25日から七十二侯は「桜始開(さくらはじめてひらく)」で、二十四節気「春分」の次侯にあたります。宇奈月温泉では、山々から吹き下ろす風はまだ肌寒く、桜の蕾はまだ堅しです。延楽のロビーでは桜一色の室礼で、ギャラリーの日本画の展示作品も、題材は桜です。

松岡映丘の「東海の図」では、彼方の海原に朝日が昇り、春霞棚引く山々と手前に松と桜の大樹を配し、波の穏やかな漁村風景を題材にした作品です。児玉希望の「芳埜」は、吉野の山々の桜を気品ある色合いで優雅に描いた大作です。児玉希望の「浅春」は、岩を喰む急流と春の訪れが遅い峡谷を描いた作品で、黒部峡谷を思わせる景です。その他、東京藝術大学で松岡映丘の指導を受けた山口蓬春の「山佐久良」、同じく片山南風の「春の日」は、春の香りを漂わせてくれます。春霞と遠山の取り合わせが美しくなる頃となりました。