山母子(ヤマハハコ) キク科

<山母子よりも葉が細い>

山母子(ヤマハハコ)は、宇奈月の高山に生えるキク科の多年草で、雌雄異株です。

茎は、高さ30~70cmとなり、白い綿毛で覆われています。葉は細長い披針形で互生し、葉の裏には白色か淡褐色の綿毛が密生します。

花は8~9月に開花し、白色の筒状花からなる頭状花が、散房状に集まります。白い花弁に見えるところは総苞片で、小花は淡黄色です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です