水引(ミズヒキ) タデ科

<林内に咲く水引>

水引(ミズヒキ)は、宇奈月の林道の縁に生えるタデ科の多年草です。

茎は直立して高さ50~80cmあり、まばらに分岐します。葉は互生し広楕円形です。茎の先から花穂を伸ばして花径4mmほどの小花を総状につけます。花柄に節があり花は横むきに咲き、花被片は4か所深裂し、上の3個は赤で下の1個は白くなっています。

開花の色彩が紅白なので水引と名付けられたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です