山萩(ヤマハギ) マメ科

<秋の深まりを感じさせる山萩>

山萩(ヤマハギ)は、宇奈月の山野に自生する、マメ科の落葉低木です。古名で鹿鳴草とも書きました。

高さは2m前後で、枝は細く多数分岐しますが、全体に繊細な感じがします。葉は楕円形でやや薄く、3小葉からなる複葉で、裏面には伏毛があります。

9月、まばらに葉より長い総状花序に、明るい紅紫色の細長い蝶形花をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です