輪島塗・盛器へぎ目 秋草絵杉蓋

<秋の山海の珍味>

二十四節気の「処暑」に入ると、宇奈月の山々では、秋の気配が漂うようになりました。長月の前菜は、富山の山海の珍味です。宇奈月温泉周辺の山野では、秋の山野草が開花し始めました。

季節の器は、輪島塗の黒へぎ目に秋草絵杉蓋です。秋の彩りが美しい器です。

コメントを残す