渕赤七宝紋皿

<山菜とホタルイカの天婦羅>

宇奈月の野山は、山菜取りの季節になりました。残雪が融けだすとワラビやウド、コゴミゼンマイ、タラノメ、ススタケ、ウルイなどが現れます。山菜の苦みは、油で揚げることによって食べやすくなります。ホタルイカのワタは油で揚げると格別のうまみが出ます。

春の香りを天婦羅でお楽しみください。
季節の器は、「渕赤七宝紋皿」です。白磁に赤絵の色彩が映えます。

コメントを残す