黄瀬戸五寸皿

<真鱈の白子>

富山湾に雪が降ると、真鱈が旨くなります。真鱈は炊き合わせ、鱈ちり、昆布締めと料理も多岐にわたります。寒くなると特に旨くなるのが、白子で、雲子とも呼びます。生でポン酢で召し上がるのもお勧めです。だし汁に素早く潜らせ、冬野菜と一緒に食します。

 季節の器は、「黄瀬戸五寸皿」です。黄瀬戸は、桃山時代に美濃窯で焼かれた黄色の焼物で、装飾として胆礬や鉄彩といった加飾の技法が加えられています。胆礬が表裏に現れるものを抜け胆礬と言い高く評価されています。器の表面は、失透性の釉調である油揚肌が特徴です。