舟川べり桜並木

北陸自動車道、朝日インター近くの舟川べりの桜並木が見ごろを迎えています。

雪解け水が流れる清流舟川の両岸約1.2Kmにわたり、ソメイヨシノが約280本が咲き誇ります。

この桜並木は昭和32年(1957年)に河川改修を機に植えられたもので60年を経て大木に成長しています。

背景には、残雪をいただく白馬連山を始めとする北アルプス、周辺の田畑に咲きほこるチューリップや菜の花、満面に雪解け水を張った水田に映る春の空、そして桜並木が 一体となって織りなす風景は絶景です。

今年の桜は、4月9日に満開となり4月中旬まで見頃です。

夜桜鑑賞の為のライトアップも4月9日から16日までの期間午後7時から午後9時まで実施されます。

その後は、葉桜、新緑も楽しめます。

チューリップ、菜の花は4月の初めか5月の連休まで咲き続けます。

朝日ICから車で5分、延楽から車で30分です。