虹蔵不見(にじかくれてみえず)

<活け蟹料理:焼蟹>

11月22日から二十四節気は「小雪」に入ります。本格的な冬はもう少し先ですが、山間では雪が降り始める頃となります。七十二侯は「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」で二十四節気「小雪」の初侯になります。「蔵」は隠れると読みます。空気が乾燥し、日差しが弱くなるために虹が見えなくなります。

冬は食材が豊富です。なかでも地元で水揚げされる津和井蟹(ズワイガニ)は旨味を増してきます。延楽では満を持して活け蟹会席が始まりました。お造りの美味しさもさることながら、焼きガニの味わいは格別です。焼蟹は火加減や焼き方が難しいので、プロに焼いてもらうのが一番です。延楽では焼蟹の熟練者が、お客様の目の前で焼きます。あわせて季節の野菜と氷見牛を、伝統のダシにくぐらせてお出しいたします。

お部屋の露天風呂から晩秋の紅葉を眺めながら山間の温泉風情を楽しむ。晩秋から初冬にかけての延楽ならではの味わいです。