檀香梅(ダンコウバイ) クスノキ科

<芽吹く前に開花し、春を告げる花>

檀香梅(ダンコウバイ)は、宇奈月の山地に生えるクスノキ科クロモジ属の落葉低木で、成木は樹高3mから6mにもなります。葉は互生し長さ5cmから15cmの卵円形で、基部は幅広く先端で浅く三裂し折るとクスヌキ科特有の芳香があります。

出葉前の3月末頃から開花する春を告げる花です。前年枝の葉腋に散形花序を付け、各花序に無数の黄色い花を付けます。枝や葉と同様に芳香があります。球形の緑色の果実は、秋に赤紫色に熟し種子に強い芳香があります。名前の由来となっている檀香は白檀(ビャクダン)のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です