霜始降(しもはじめてふる)

<昭和天皇 御製>

10月23日から二十四節気は「霜降」に入る。秋は深まり暖が欲しくなる頃、里山には霜が降りる。「霜降」が過ぎれば立冬となるので、今は秋から冬への変わり目である。立山連峰、後立山連峰の名座が雪を纏って白く輝いている。

七十二侯は「霜始降(しもはじめてふる)」で二十四節気「霜降」の初侯にあたる。朝夕の冷気で、延楽から対峙する黒部の山々の稜線は、赤や黄に染まる。宇奈月温泉周辺の黒部川支流では、サクラマスの産卵が始まった。

昭和33年10月21日、昭和天皇が延楽で宿泊されたときに詠まれた御製が残されている。

(御製 宇奈月の宿より黒部川を望む)
くれないに 染め始めたる 山あいを
  流るる水の 清くもあるかな
 
 侍従 入江相政 謹書

宿の部屋から眺める黒部の山々は色付き始め、峡谷を流れる水はますます清く透明度増してくる。今も昔も変わらぬ黒部の峡谷美である。