鬼下野(オニシモツケ) バラ科

<宇奈月の深山の沢沿いに自生する鬼下野>

鬼下野(オニシモツケ)は、宇奈月の亜高山の沢沿いに自生しているバラ科の大型の多年草です。

全草が、下野草(シモツケソウ)に似ていて、大型なので鬼の名がつきました。高さは、1mから2mになり、大型の葉は5中裂し互生します。

初夏に茎頂が分枝し集散状散房花序が現れ、多数の白色の 5 弁の小さな花をつけます。開花前の多数の蕾は、緑に包まれた白い鹿の子模様なので、なかなか趣があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です