輪島塗・盛器黒へぎ目 花火絵杉蓋

<匠膳の前菜>

彩りも美しい、匠膳の前菜で、富山の旬の旨物が盛り込んであります。盛器の蓋は、杉の正目板で、夏の風物詩の花火が描いてあり目でも季節感が味わえます。 図案は月替わりで、季節の花鳥や風物詩を題材にしています。

季節の器は、輪島塗・盛器黒へぎ目です。盛器はへぎ板で組み立てられ、裂かれたへぎ目が、漆によって柔らかくうつり、料理が美しく映えます。

宇奈月温泉では8月18日花火大会が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です