胡麻菜(ゴマナ) キク科

<葉が胡麻の葉と似ている>

胡麻菜(ゴマナ)は、宇奈月の山地の道端や林縁などに生える、キク科の多年草です。

葉は、両面に短毛のある長楕円形で互生し裏面には腺点があります。 9月から10月にかけ茎頂に小さな白い頭花を散房状に密に付けます。 茎の高さは1.5mにも達する野菊なのでよく目立ちます。

葉の形が胡麻の葉に似ているところから、胡麻菜と名付けられました。 若菜は香りが楽しめ、茹でておひたしにしたり、そのまま天婦羅として食すことができます。 晩秋は、沢山の花をつけた胡麻菜が目立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です