七寸皿・鬼ハ外福ハ内

<節分と立春の前菜>

節分の翌日は二十四節気の立春で、旧暦では1年の始まりとされていました。そして、あらゆる節日の基準日とされ、茶摘みの八十八夜や、おわら風の盆の二百十日は、暦に記して農作業の目安としました。

七十二侯の始まりは、立春の初侯で「東風解氷(はるかぜ こおりをとく)」です。東から温かい風が吹き始め、張り詰めていた氷を解かし始める頃という意味で、春の兆しが少しずつ現れ始めます。まさに立春大吉です。

節分と立春に使う七寸皿があります。「福は内、鬼は外」、鬼の角は、皿の中に描かれ、顔は皿の外側に描かれています。福は内側に描かれています。節分は、季節の変わり目の邪気払いです。

前菜で使う季節の器は、七寸皿・鬼ハ外、福ハ内です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です