小金鈴花(コキンレイカ) オミナエシ科

<亜高山の岩場に生える小金鈴花>

小金鈴花(コキンレイカ)は、宇奈月の亜高山の岩場に生える、オミナエシ科の多年草です。

地下茎は横にはい、匍匐枝(ホフクシ)を出して増えます。匍匐枝とは、地上近くを這って細長く伸び、そのさきに芽を付ける茎のことで、その節から新しい茎が伸び増えていきます。葉は対生し、裂片には大きな欠刻と鋸歯があります。茎頂には黄金色の小花を散状花序に多くつけます。

黒部峡谷、下の廊下の岩場でもよく見かけます。別名、白山女郎花(ハクサンオミナエシ)ともよばれています。紅葉の下の廊下を歩いていると、長楕円形の果実から発するオミナエシ科の独特のに匂いがします。白山に多く見られるため和名の由来となっています。温泉街周辺では女郎花(オミナエシ)の白花の男郎花(オトコエシ)が咲いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です