雷乃収声(かみなり すなわちこえをおさむ)

<叢叢賛歌(再興第70回院展)>
令和記念特別展「田渕俊夫 至極の日本画」より

9月23日から二十四節気は「秋分」を迎える。「春分」と同様、昼と夜の長さが同じになり、この日を境に陽は弱く短くなる。季節は少しずつ冬へと向かう。

七十二侯は「雷乃収声(かみなり すなわちこえをおさむ)」で、二十四節気「秋分」の初侯にあたる。黙黙と力強く湧く入道雲は消え、夕立時に鳴り響いた雷が収まる頃という意味。これに対して七十二侯の「雷乃発声(かみなり すなわちこえはっす)」は、二十四節気「春分」の末侯で、今年は4月1日であった。

雷の多い年は、豊作だと言われるくらい、お米には雷が密接に関係している。恵みの雨をもたらすのが雷雲。その閃光を稲妻と表現するのも、稲作文化の象徴かもしれない。
黒部川扇状地に広がる平野は、すでに稲刈りが終わっている所もあるが、これから始まるところもある。

黒羽峡谷・セレネ美術館では、令和特別記念展として、至極の日本画・田渕俊夫展が開催されている。その出品作品の中に「叢叢賛歌(再興第70回院展)」という名作がある。長久手時代の作品である。様々な雑草の生きる姿を通して、生命の賛歌を描く。そして季節などは一切無視して、自由自在に田渕画伯の草むらを作り上げる。二十四節気が、すべて包み込まれた世界のようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です