色絵手毬絵向付

<手毬の柄がすべて違う>

上巳の節句はもうすぐです。加賀では娘が嫁ぐときに手縫いの毬を魔除けとして持たせる習慣がありました。毬の中には鈴が入っていて良くなるという掛詞で縁起物とされていました。それが加賀手毬の由来です。群青、金茶、朱赤の三色を用いて伝統的な模様を守っています。

雅膳の一皿は、「色絵手毬絵向付」です。絹ならではの美しい光沢を金彩であらわしています。

コメントを残す