玄鳥去(つばめさる)

<お部屋の露天風呂>

9月18日から七十二候は「玄鳥去(つばめさる)」で、二十四節気の「白露」の末候になります。春に日本にやってきた燕が、暖かい南へ帰る頃という意味です。20日は秋彼岸の入りで暑さ寒さは彼岸までの言葉通り、ようやく残暑も終わります。いよいよ燕の渡りが始まります。

燕が日本に渡ってくるのは、七十二侯の「玄鳥至(つばめきたる)」で今年は4月4日でした。宇奈月温泉で飛び交う燕は、尾羽が短い小型の岩燕です。つい最近まで黒部川の河原を飛び交っていました。部屋の露天風呂から幾筋もの黒い線が観察できました。雛が成長すると去る準備に入ります。毎年繰り返される初秋の風物詩です。

陽が落ちて、草叢に集く虫の音を聞きながら湯舟に体を沈めると、頬にあたる風に冷たさを感じます。山間の秋の深まりの中に月影さやかな時を迎えます。至福のひとときをお過ごしください。