蟄虫啓戸(すごもりのむし とをひらく)

<桃形向付・仁清色絵桃絵>

3月6日から二十四節気は「啓蟄」となる。土の中で冬ごもりしていた生き物たちが、穴を啓いて地上へと這い出してくる頃という意味。七十二侯は「蟄虫啓戸(すごもりのむし とをひらく)」で二十四節気「啓蟄」の初侯にあたる。

「啓」は開くで「蟄」は虫の冬ごもりのことである。冬眠していた生き物が春の日差しを求めて土から出てくる頃と言う意味である。「啓蟄」と「蟄虫啓戸」は同じ意味である。3月3日は桃の節句で古来中国では3月最初の巳の日に行われていたので、「上巳の節句」と呼ばれている。縁起のいい奇数が重なる「五節句」の一つである。料理の中に節句の彩が取り入れてあるので目でも楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です