蟷螂生(かまきりしょうず)

<新緑と清流が美しく映える黒部峡谷>

6月5日から二十四節気は「芒種」に入ります。「芒」とは、稲や麦などのイネ科植物の小穂を構成する頴(えい)の先端にある針状の突起のことです。芒種とは、芒を持つ植物の種を蒔く時期と言う意味です。

七十二侯は「螳螂生(かまきりしょうず)」で、二十四節気「芒種」の初侯にあたります。蟷螂は、秋に粘液を泡立てて作る卵鞘の中に多数の卵を産み付けます。その気泡に包まれた卵鞘の中の卵が孵化して幼虫になる頃という意味です。この頃から梅の実が黄色く熟し、いよいよ梅雨入りとなります。

黒部峡谷の木々の葉は雨に濡れ、緑が一段と美しく輝きを増します。新緑の峡谷を探勝するのには一番いい季節となります。