角向附・乾山写色絵瓔珞紋

<地鱒の握り>

桜の花が咲き始めると、富山湾から地鱒(桜鱒)の遡上が始まります。地元では桜鱒を地鱒と言って大事に取り扱っています。地鱒は、黒部川を遡上すると深い縁に潜み、紅葉が始まると支流で産卵します。

延楽「雅膳」の一皿は、地鱒の握りです。 季節の器は「角向附・乾山写色絵瓔珞紋」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です