大葉種付花(オオバタネツケバナ)アブラナ科

<クレソンに似て、辛みがある>

大葉種付花(オオバタネツケバナ)は、宇奈月の山地の水際や湿地などの生える、アブラナ科の越年草です。

茎は直立して分岐し、冬越しの根出葉は地に接してロゼット状に、大根の葉のように広がります。早春の弱い日光を少しでも多く受け取るための手段です。葉は奇数羽状複葉でタネツケバナよりも小葉が大きいです。茎先に総状花序を出して、十字形に4枚の白い花弁を持つ小さな花を多数花穂に付けます。

爽やかな辛みがあってお浸しや天婦羅などに利用されます。