玄鳥去(つばめ さる)

<セレネで上演された、青い鳥>

9月18日から七十二侯は「玄鳥去(つばめ さる)」で二十四節気の「白露」の末侯にあたる。春に日本にやってきた燕が暖かい南の国へ帰る頃という意味。

20日は秋彼岸の入り。暑さ寒さは彼岸までの言葉通り、燕の渡りが始まる。燕がやってくるのは七十二侯の「玄鳥至(つばめ きたる)」で、今年は4月5日だった。宇奈月温泉で飛び交う燕は、岩燕で尾羽が短くやや小型である。

岩燕が去る頃、温泉街では毎年、宇奈月モーツアルト音楽祭が行われる。今年は9月14日から16日の3日間行われ、温泉街がモーツアルトの調べに包まれた。豊かな自然に恵まれた、山あいの出湯ならではの情緒である。

8月23日から行われている、国際的な舞台芸術の祭典「第9回シアター・オリンピックス」はロシアとの共同開催で、9月23日まで行われる。今年から宇奈月国際会館「セレネ」は、鈴木忠志氏の粋な計らいによって会場の一つに加えられた。

セレネ美術館では田渕俊夫画伯の展覧が、10月14日まで開催されているので、質の高い芸術がまだまだ楽しめる。祭典が終わると、秋が深まり月影さやかな時季を迎える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です