黄鶯睍睆(うぐいすなく)

<安田靫彦「春到」>

2月9日から七十二侯は、「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で二十四節気「立春」の次侯にあたる。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味。
睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語。畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとある。

今年は暖冬で、雪不足の便りが各地のスキー場から届く。本日は大陸からの寒気団が南下し、冬に逆戻りとなった。数日寒い日が続くようだが長続きはしない。露天風呂からは、雪の花を咲かせた山の稜線が幻想的に見える。まさに至福のひと時である。

ギャラリーに展示してある安田靫彦の「春到」は、画伯の庭の白梅を描いた作品であると聞いている 。富山気象台から、梅の開花宣言が出されるのはもうすぐである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です