黄鶯睍睆(うぐいすなく)

<安田靫彦「春到」>

2月8日から七十二侯は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で、二十四節気「立春」の次侯になります。山里に春を告げる鶯が鳴く頃と言う意味です。宇奈月温泉周辺では3月初旬から中旬になりそうです。睍睆とは声の美しい様子を表す畳韻の擬態語で、畳韻とは韻が同じ漢字2文字を重ねることとあります。

今年は年初から大雪で、宇奈月温泉スキー場には十分に雪があります。今日から大陸からの寒気団が再び南下し、数日寒い日が続くようですが長続きはしません。明け方の雪は、山一面に雪の花を咲かせ稜線が幻想的に見えます。山水画のような景色を眺めながら露天風呂に浸かると、まさに至福のひと時です。

ギャラリーでは、安田靫彦の「春到」が展示されています。まだまだ寒き中、においを漂わせる白梅。画伯の庭の花をつけた梅が枝を描かれました。富山気象台から開花宣言が出されるのはもうすぐです。

コメントを残す