浅葱交趾波刻筒向付

<強肴は貝寄せ>

延楽雅膳の強肴は、富山湾の梅貝や蒸鮑の貝寄せです。バイは地元で最も食べられる貝で、エゾバイ科の巻貝です。富山湾に生息する種類は、オオエッチュウバイ、カガバイ、ツバイ、エゾボラモドキです。水深200~1000mの深海に生息します。従って漁獲方法としては、籠の中に餌を入れて行う籠網業業です。

季節の器は、海の色と波を表した「浅葱交趾波刻筒向付」です。夏は、浅葱交趾の色合いが映えます。合わせる地酒は、北前船で有名な富山市岩瀬の名酒「満寿泉大吟醸」です。