木五倍子(キブシ) キブシ科

<早春の宇奈月谷で開花するキブシ>

木五倍子(キブシ)は、早春の宇奈月谷でよく見かけるキブシ科の雌雄異株の大形落葉低木です。藤のような花序に黄花が付くので黄藤(キフジ)ともいいます。


前年の秋に枝の葉腋から総状花序をたらし、出葉前の4月ごろに一面に開花します。花は鐘形で雄花は淡黄色で雌花はやや緑色を帯びています。


和名は、秋に熟す緑黄色の果実を染料の原料である五倍子(フシ)の代用として使ったことに由来します。朝山歩きをすると自然の息吹が感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です