蛙始鳴(かわずはじめてなく)

<新緑の黒部峡谷・黒薙 後曳橋>

5月5日から二十四節気は「立夏」。暦の上では夏に入る。宇奈月の早朝の川風は少し冷たさを含んでいるが、雪を纏った山々と麓の新緑が最も美しい季節でもある。これから柔らかな春の陽射しが少しずつ力強くなり、暑い夏に向かう。

七十二侯は「蛙始鳴(かわずはじめなく)」で、二十四節気「立夏」の初侯にあたる。田圃でカエルが鳴き始める頃という意味。雪解け水が流れる黒部川の浅瀬からは時折、河鹿の鳴き声が瀬音とともに心地よく伝わる。初夏の気配だ。河鹿とは、清流を住処にしている蛙で、その高く澄んだ鳴き声は鹿に似ているといわれている。

黒部峡谷鉄道は、黒部の山々の残雪と柔らかな新緑のコントラストを眺めながら、深く切り立った黒部峡谷沿いを走る。トロッコならではの黒部の自然が満喫できる。ところが本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当分運行見合わせとなっている。一日も早く多くの方々に、命の息吹を感じる新緑で心身ともに癒していただきたいと願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です