乃東草(なつかれくさ かるる) 

<少なくなりつつある夏枯草(靭草)>

6月22日から二十四節気は「夏至」。1年の内で最も昼が長くなる頃。これから盛夏に向けて日に日に暑さが増すが、梅雨のまっただ中なので、雨の日がしばらく続く。

七十二侯は「乃草枯(なつかれくさ かるる)」で「夏至」の初侯。乃東(なつかれくさ)とは、漢方薬に用いられる夏枯草の古名で、宇奈月の草地に生えるシソ科の靫草(ウツボグサ)のことである。

花穗だけが枯れて黒ずんだ色になり、夏枯草の名の由来となる。半年前の「冬至」の初侯は「乃東生(なつかれくさ しょうず)」で、生まれて枯れる、季節は正確に巡ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です