山鳥兜(ヤマトリカブト) キンポウゲ科

<雅楽の鳥兜に似ている>

山鳥兜(ヤマトリカブト)は、宇奈月の深山に生えるキンポウゲ科の代表的な多年草です。

地下に猛毒(アコニチン)を持った紡錘形の塊茎がある毒草で、茎の長さが1m以上になり、立ちあがって湾曲します。毒の強さは植物成分では最強で、天然の物ではフグに次ぐといわれています。

鮮やかな青紫色は遠くからでも目立ちます。花の形が、舞楽で頭にかぶる鳥兜に似ているので、この名前がつきました。葉は、互生で切れ込みが深く、キンポウゲ科の特徴がでています。

花が終わると果実が、鳥の足のような形になります。鳥兜から取った毒薬をブス、ブシ、ウズとよび、河内地方に生える鳥兜をカワチブシ、京都北山に生える鳥兜を、キタヤマブシと呼んでいます。この毒を服用すると苦しみのあまり顔が歪むところからブスという言葉が使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です