鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)

<全線開通時の雪の大谷>

1月30日から七十二侯は「鶏始乳(にわとり、はじめてとやにつく)」で二十四節季「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

大寒は冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期である。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増している。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしている。

昨日から富山県と長野県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の営業開始に向けた除雪が始まった。作業は国内最大級のロータリー車や重機等21台を使って行う。これから2月3月も大雪の恐れがある。今後の積雪にも影響されるが、全線開通は昨年度と同じ4月15日としている。美女平から弥陀ヶ原の部分開通は4月10日の予定。室堂付近の大谷を通る道路の除雪によってできる高さ20mの壁「雪の大谷」は圧巻である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です