鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

<小泉智英:春きざし>

1月30日から七十二侯は、「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」で二十四節気「大寒」の末侯。鶏が春の気を感じ、卵を産み始める頃という意味。

「大寒」は、冬の最後の節気であり一年で最も寒い時期である。厳しい寒さはまだまだ続くが、太陽は少しずつ力強さを増している。生き物たちは敏感に春の気配を感じ、目覚めの準備をしている。

今年は、暖冬で宇奈月の平野部では雪が全く見られない。かろうじて対岸の山の稜線にうっすらと見られる程度である。全国各地の梅の名所から、白梅紅梅の開花状況が届くようになる。宇奈月は未だ蕾硬し。

ロビーでは、梅を題材にした絵画を展示。その中の一点が、小泉智英先生の「春きざし」である。静寂な竹林を背景に、古木から延びる梅ヶ枝。小泉氏は福島県小川町の出身で、身近にある風景を、独特の視線や緻密な筆遣いで精神性の高い作品に仕上げる。自然が生み出す四季折々の風情を、凛と張り詰めた空間の中に表現する。

延楽ギャラリーでは、安田靫彦「春到」、横山大観「旭日」、小林古径「竹林」等も展示されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です